240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1870
Phone: 046-877-1441, mail: info@hayama-artfes.org

主催企画

竹のワークショップ×葉山しおさい公園

【主催A】「竹あかり」&「竹のサウンドオブジェ」をつくろう

昨年、葉山芸術祭の主催企画として開催された「竹あかり」が今年、パワーアップして帰ってきます。

昨年、葉山しおさい公園の闇を彩った「竹あかり」に加え、今年は軽やかな音を奏でながら風に揺らめく「竹のサウンドオブジェ」が登場します。 「竹あかり」そして「サウンドオブジェ」は昨年同様、ワークショップ参加者がアーティストの指導の下に製作。 でき上がった作品が葉山芸術祭のメインイベントを彩ることになります。 芸術祭後には製作者の手に戻り、その後は自宅やお好きな場所に飾って楽しむことが可能です。 ワークショップに参加して、あなたの作品で初夏のしおさい公園を素敵な空間に変えてみませんか。

3/18(土)・19(日)・20(月・祝)・4/22(土)・23(日)

竹あかりで賑わいを演出するプロ集団「CHIKAKEN」が指導。 孟宗竹を切って、穴を空けるだけの、DIYに馴染みのない人でもできる簡単作業で美しい灯りが完成します。 作業に慣れた人であれば60分程度で作業は完了。 上記の時間内で途中入場・退出も可能です。 <各日程とも定員20名・先着順>

【参加費】

●葉山芸術祭出展者および2016年竹あかり参加者、学生(中学生以上)は無料

●一般参加者 1,000円 (保険料を含みます・公園入園料別途)

【集合時間】

●10:00〜13:00の間で入退場自由

CHIKAKEN

池田親生と三城賢士が主宰し、熊本を活動拠点とする竹あかり造形集団。「人と人・人とまち・人と自然」をテーマに全国で活動を展開している。

3/18(土)・19(日)・20(月・祝)

今年の葉山芸術祭で、加地邸に竹を使ったインスタレーションを展開する造形作家・松本秋則氏の指導で、真竹を使って軽やかな音を奏でるサウンドオブジェをつくります。 製作は指導者の手順説明と共に進行しますので、集合時間厳守で参加してください <各日程とも定員10名・先着順>

【参加費】

●2,000円 (保険料を含みます・公園入園料別途)

【集合時間】

 

●13:00 ※時間厳守

松本秋則

造形作家。 竹が主な素材の「音具」「サウンドオブジェ」を創作。 人力、風、水、太陽などの自然エネルギーを利用した、音のサウンド・インスタレーションやライブ演奏なども行なう。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●ご注意●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

■両ワークショップとも小学生以下の方はお申込みいただけません。 小学生以下のお子さんを伴っての入場も可能ですが、同伴の児童の安全は保護者の方が責任をもって見守ってください。 また、すべての参加者は指導するスタッフの注意事項を必ず守ってください。

■各ワークショップの参加費とは別途、葉山しおさい公園の入園料300円が必要です。 公園入り口でお支払の上、ワークショップ開催場所までお越しください。

■両ワークショップで製作した作品は、ワークショップ当日は持ち帰れません。 5月8日に公園に再び来場していただき、お渡しします。 5月8日以降の日程で引き取りを希望する場合は葉山芸術祭(電話046-877-1441)までご連絡の上、指定の場所までお越しください。

■「竹あかり」ワークショップの無料参加枠には限りがあり、全体募集の締め切り以前でも無料参加の募集を先に締め切る場合があります。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

会場 : 葉山しおさい公園内 芝生スペース(雨天の場合は潮見亭六角スペース)

申し込み : 下記フォームにて  問い合わせ : 葉山芸術祭 電話046-877-1441

※第25回葉山芸術祭「竹あかり×葉山しおさい公園」 5月3日(水・祝)〜7日(日)に開催

主催:葉山芸術祭 共催:葉山町 協力:大和ハウス工業株式会社(孟宗竹提供) 鈴木陽介氏(真竹提供) 二子山山系自然保護協議会有志(竹伐採)

「竹のワークショップ」申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

竹×HAF2017 ワークショップ

【事前企画】竹を燃やせロケットストーブ×岸本邸庭(終了しました)

葉山芸術祭2017の最初のイベントとして、ロケットストーブのワークショップを開催します。

ロケットストーブは簡単に作れて、コンパクトで持ち運びも簡単。お芋やマシュマロを焼いたり、冬の屋外に「火のある楽しさ」と暖かさを提供してくれる楽しい遊び道具であり、防災用品としてもあると心強い暖房器具です。

そして、葉山芸術祭が注目している「竹」も、このロケットストーブに最適な燃焼資材。昨年の葉山芸術祭で制作した「竹あかり」の残材などを作ったストーブで燃やします。ロケットストーブの作り方はもちろん、火をつけるコツ等々を楽しく学べます。

身近で簡単に切り出すことができる竹とロケットストーブで、残り少ない冬を楽しく過ごしましょう。

 

●日時:2017年2月25日(土)13:00〜15:00

●会場:岸本邸(葉山町一色1811)

●料金:4,000円(材料費込み)

●定員:20名(右欄のフォームから予約申し込み)

 

※持ち物として軍手をご用意ください。

※その後、ストーブを点火して試食会あります。

※ご自身で作ったロケットストーブはお持ち帰り頂けます。

※雨天順延:予備日2/26(日)

※駐車は近隣のコインパーキングをご利用ください。

※煙突部材の事前購入のために申し込み期限は2月20日まで。

※試食のみの方は無料です。芋類、魚介類、漬け物やサラダなど家にある食材をご持参ください。箸や皿もお忘れなく!見学の方は、手ぶらで構いません。歓迎です。

 

材料のペール缶は三留モーター商会さまのご協力のもと使用済みのオイル缶を提供いただいております。

 

ロケットストーブの作り方が清水さんのFacebookにあります。

 

下の動画は昨年のワークショップの様子です。


地域内外の音楽とクラフトの交流

【主催B】森山神社・あかりのイベント(準備中)


【主催C】森山神社イベント・青空アート市

森山神社では、境内入口から本殿までの高低差に、民家、神社会館、樹木、桟敷席がひな壇のように並んでいます。

最上段の本殿から見渡せる里山と海、そして境内へと目を移せば、そこには劇場的な空間が広がっています。 葉山芸術祭にとって森山神社は中心的な存在であり、青空アート市は最も人気のイベントです。

出展希望者増加のため、「あかりのイベント」の4/30に「青空アート市PART-1」として、そして5/13と5/14に「青空アート市PART-2」として2回にわたり合計3日間開催されます。

 

※5月14日のパフォーマンス参加 

◆エイサーグループ「東京エイサーシンカ」沖縄の踊り念仏。海との結びつきが強く、曲も魂(マブイ)と海にまつわるものが多い。 

http://eisaasinka.exblog.jp/ 

 

※神社境内を汚さないよう気をつけましょう。小さなゴミ袋を持参ください。 

●フードブースではゴミにならないカップや皿を用意していますが、できればマイ箸、皿、カップをお持ちください。 

●タバコは指定の場所でお楽しみください。 

●パーキング(旧役場)は参加者用です。 

●飲酒での運転はお断りします。 

 

協力:森山神社氏子会、玉蔵院、神社周辺の皆さま


葉山芸術祭実行委員会

240-0112 

神奈川県三浦郡葉山町堀内1870

Tel: 046-877-1441

About

【葉山芸術祭とは?】

私たちの日常生活の背景では、自然環境や生活環境がゆっくり、時に激しく変化しています。その変化に触発され、私たちはおそらく何かつぶやき、描き、あるいは奏で、そうした表現によって活力を生みだし、環境と自己とのバランスを保っています。 それらの表現の交流が多様なつながりを育み、地域の芸術・文化意識の深まりや成長を促し、私たちの世界を豊かにする。「葉山芸術祭」は、アートフェスティバルの可能性をそこに求めた住民たちによって創りだされた祭です。個人の自由な創作が地域社会にシナジェティックにつながるあたらしいかたちの祭です。

Contact

メモ: * は入力必須項目です